まず最初にお読みいただきたいページ

トーリセル®による治療を始める前に

監修:順天堂大学大学院 医学研究科 泌尿器外科学 教授 堀江 重郎 先生

トーリセル®点滴静注液25mgはRCCに対する治療薬で、「分子標的治療薬」と呼ばれる抗がん剤です。米国や欧州では2007年から使用され、日本においても2010年7月に承認されています。

このサイトでは、トーリセル®による治療を安心して受けていただくため、治療を受ける患者さんに知っておいていただきたいトーリセル®の働き、治療のスケジュール、副作用と注意すべき症状などを簡単にまとめています。

治療を始めるにあたり、わからないことや不安に思うことがありましたら、遠慮せずに医師などの医療スタッフにご相談ください。

トーリセル®による治療を始める前に、次のような患者さんは、あらかじめ医師などの医療スタッフに申し出してください。

  • 以前に薬や注射による治療を受けて、発疹やかゆみなどの副作用を起こしたことがある患者さん
  • 他の薬を服用中の患者さん(他の診療科や病院でもらった薬、市販薬など)
  • 他の医師あるいは歯科医師による治療を受けている、あるいは受ける予定がある患者さん
  • 妊娠している、あるいは妊娠している可能性のある患者さん
  • 授乳中の患者さん

腎細胞がん:Renal Cell Carcinoma(RCC)

腎細胞がんについてへ

ページ先頭に戻る

まず最初にお読みいただきたいページ