トーリセル®について

お薬について

監修:順天堂大学大学院 医学研究科 泌尿器外科学 教授 堀江 重郎 先生

トーリセルがmTORの機能を止めることにより、がん細胞増殖や血管新生を抑制するイメージ

トーリセル®はRCCに対する治療薬で、「分子標的治療薬」と呼ばれる抗がん剤です。分子標的治療薬とは、がん細胞の増殖にかかわる特定の分子をターゲットに効果を発揮するタイプの薬で、近年、がん治療において広く使われています。

がん細胞の増殖にかかわる分子のひとつに、mTOR(“エムトール”または“エムトワ”)というタンパク質があります。mTORは、信号のようなものを他の分子に送り、細胞増殖や血管新生を命令する重要な役割を持っていると考えられています。

トーリセル®は、このmTORの機能を止める
ことにより、信号の流れを遮断することで、
がん細胞増殖や血管新生を抑制します。

戻る 次へ

ページ先頭に戻る