トーリセル®について

トーリセル®による治療にあたって

監修:順天堂大学大学院 医学研究科 泌尿器外科学 教授 堀江 重郎 先生

投与スケジュール

トーリセル®は、1週間に1回、30~60分間かけて静脈から点滴により投与します。また、トーリセル®投与によるアレルギー反応(infusion reaction)を予防するため、トーリセル®の投与開始前に抗ヒスタミン剤を投与します。

トーリセル®の投与を受けている際の注意事項

  • トーリセル®を投与している間は、点滴の針が抜けないようにするため、安静にしていてください。
  • トーリセル®を投与している間や投与した後に、アレルギー反応(infusion reaction)があらわれることがあります。
    この反応を予防するため、トーリセル®の投与前に抗ヒスタミン剤を投与しますが、それだけでは完全に予防できない場合もあります。
    次のような症状がありましたら、すぐに医師などの医療スタッフに伝えてください。

●皮膚の症状(赤くなる、じんましんが出るなど)●胸の痛み、息苦しい●めまい●呼吸ができない●意識が薄れる

投与を受けているイラスト

戻る 次へ

ページ先頭に戻る